銀行カードローン活用のすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
syakinhensai43

お金を借りるときに一番手軽なのは、クレジットカードや流通系のカード、そして、消費者金融が一番手軽な手段です、

特に、消費者金融は、法律改正後に金利が一気に下がって、クレジットカードのキャッシングとほぼ同じぐらいの利率になったため、一昔前に比べてその利便性は高くなっています。

しかし、こうした金融会社から借り入れを増やし、借り入れ件数も増えてしまうと、支払利息の額がネックとなってしまいます。

そして、それ以上に問題なのが、カードローン利用者本人がどれぐらいの利息を借りているかわからなくなっていることです。

たとえば、金利18.0%で100万円の借り入れをして、36回(3年間)で完済するとしたら、なんと30万円もの利子を支払わなくてはなりません。

これが200万円の借り入れになって、60回(5年)で完済するとしたら、支払わなくてはならない利息はなんと100万円を超えてしまいます。

金融会社から借り入れをするときは、誰もが契約内容をチェックするはずですが、取引開始から時間がたってしまうと、今現在、どれぐらい元本が減っているのか、毎月いくらの利息を支払っているのかチェックしている人はあまりいないようです。

でも、先にご説明しましたように、借入額が大きくなればなるほど、そして、返済期間が長くなればなるほど、支払利息は多額になります。

そこでおススメしたいのが、金利の低い銀行カードローンです。

銀行カードローンは審査が厳しいと考えている方も多いようですが、銀行の基準を満たしていれば、それほどハードルが高いものではありません。

それに、最近の銀行カードローンは、他社からの借り入れの返済に充てることを目的とした「おまとめローン」に対応していますし、申し込みから審査結果が出るまで早いのも特徴です。

一般的なローンと銀行カードローンでは、場合によっては10%ぐらい金利が違うケースがありますから、今以上に損をしないためにも、銀行カードローンへの借り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. syakinhensai29
  2. syakinhensai66
  3. syakinhensai74
  4. syakinhensai69