消費者金融や銀行のカードローンからお金を借りた後の返済は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
syakinhensai66

消費者金融や銀行のカードローンからお金を借りたら毎月の約定返済日に約定返済額を返済することが必要です。
約定返済日は5日や15日や25日などいくつかの日にちから選べる場合、1か月の日にちから自由に選べる場合の2通りがあります。
お給料を毎月決まった日に貰っている方はお給料日の3日後くらいに約定返済日を設定されると返済しやすいです。
カードローンによっては35日ごとに返済日が来るところもあります。
返済してから35日後に約定返済日が来る仕組みになっており、この間ならいつでも返済ができます。
35日後まで待たずにどんどん積極的に返済して早く返済したい時に便利です。
約定返済額は残高スライドリボルビング返済方式によって決まるのが一般的なカードローンです。
この返済方式では借入残高に応じて毎月の約定返済額が変わります。
借入残高が多いと毎月の返済額が多くなり、借入残高が少ないと毎月の返済額が少なくなります。
最少の返済額に設定されているので余裕をもった返済ができるのがメリットです。
その反面、返済期間が長くなり利息のお支払いが増えてトータルでの総返済額が増えやすいデメリットがあります。
残高スライドリボルビング返済方式での毎月の約定返済額はあくまでも最少として、余裕のある月は任意の金額を返済に回された方が良いです。
返済方法はカードローンにもよりますが、インターネットや提携ATMや口座からの自動引き落としなどがあります。
インターネットは契約しているオンラインバンキングをご利用します。
自宅に居ながらいつでも返済ができるので大変便利です。
提携ATMは全国の金融機関やコンビニに設置されていることが多く、お出かけ先でも返済しやすいです。
口座からの自動引き落としはインターネットで手続きすることも、ATMまで出かけて入金することもなく自動的に返済が続けられます。
一番手間がかからない返済方法ですが、口座に返済に必要な金額が入金されていないと引き落としが出来ないです。
お給料が毎月振り込まれている口座を自動引き落とし用の口座として登録されておくと、そういった残高不足の心配はないです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. syakinhensai69
  2. syakinhensai66
  3. syakinhensai29
  4. syakinhensai74