借金を返済する為には誰かを傷つけてもかまわない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
syakinhensai10

友人は借金をかなり抱えている様子でした。
普段から「お金が無い」が口癖でしたが、タバコをやめない等、私には理解できないことが多々ありました。

住まいは分譲住宅でしたが支払いが滞り気味で、後1回支払いが遅れると取り上げられると言っていました。

旦那がかなりの額の借金があったようですが、それでも一生懸命頑張って返済しているようでした。
返済日になるとお金をかき集め、何とか返済をしていました。
ですが、給料日前などお金が足りないときは「絶対に返すから」と言って、何度もお金を要求してきました。
余り貸したくは無かったのですが、消費者金融で借りたお金には利子がつきます。
しかし、私は利子など要求しませんでした。
なので、その場しのぎには便利だったのだと思います。
何度かは返済してくれましたが、やがて滞るようになっていきました。

ある日、旦那が仕事を辞めたようで、本当にお金が無いから20万貸して欲しいといわれました。
今回は大金なので、本当は断りたかったのですが、仕事上の付き合いもあり20万円融通をつけました。
貸すのでなく、差し上げる。
それが私の出した答えでした。

予想していたこととはいえ、お金が絡むと人間関係は破綻します。
もっとお金を貸してほしい。お金がないねん。
人間追い詰められると、人間はかなりかわるのだと理解しました。

余りにも無理な要望を続けてくるので、しばらく距離をとることにしました。

結局旦那は自己破産をし、遠くへ引越ししていきました。
もちろん自宅は競売され、他人の手へと渡っていきました。

本当に大切だったものは何なのだろう?

暫くして友達から連絡がきました。
「あの時は御免なさい」と。

まだ過去のように友達を信頼できませんが、借金返済をしているときは誰でも苦しいのだと知っています。
なぜなら、私も今必死で借金を返済しているからです。

誰かに借りれば楽かもしれません。
ですが、もう二度と友人関係には戻れません。

貸した側と借りた側。
お金を返してもらう立場と、借金を返済する立場。

友人からの借金は、相手を傷つけ、関係を壊す覚悟がないと絶対にしてはならないと身をもって知りました。
なので、私は絶対に友人からは借金をするつもりはありません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. syakinhensai66
  2. syakinhensai29
  3. syakinhensai74
  4. syakinhensai69